Daily Archives 2017.08.02

事故による請求の種類

2017.08.02
/ / /
Comments Closed

車の人身事故被害に遭われた場合の慰謝料について理解しましょう。人身事故の慰謝料とは、被害者の精神的・肉体的な苦痛をお金に換算して請求を行います。ただし、精神的な苦痛を具体的な数値として算出するのは困難になります。そこでその基準として「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」という3タイプの基準があります。ちなみに、慰謝料とは、損害賠償額の一部になります。

原則的に、車での人身事故被害を受けた側が慰謝料を受け取る権利がありますが、怪我の程度、精神的苦痛、後遺症が残るか残らないか、あるいは万が一死亡した場合等、慰謝料は高額になっていきます。慰謝料の種類は、人身事故の為に退院後も通院が必要な場合に賠償されるものとして「入院慰謝料」、人身事故の為にうけた傷によって残った機能障害、神経症状等の後遺症がある場合の「後遺障害慰謝料」、被害者が死亡した場合に遺族に支払われる「死亡慰謝料」があります。

慰謝料の額を増やす要素として、通院期間、入院日数、過失致死の有無、休業損害の有無、後遺症の有無、後遺症等級の有無が挙げられます。既に専門分野になってしまいますので、分からない場合は弁護士に質問すると良いでしょう。