慰謝料請求も弁護士へ

慰謝料請求も弁護士へ

2017.08.09
/ / /
Comments Closed

慰謝料を決める基準について、算定基準は3つあります。何のことか分かりにくいかもしれませんが、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」と呼ばれます。

自賠責保険基準とは、車を運転する人が必ず加入する保険のことであり、人身事故等の交通事故が発生した際には、まず自賠責保険から保険金がおりますので、これが3つのうちで最も低い、最低限補償基準となります。任意保険基準とは、自賠責保険でカバーできない損害部分についての保障の為に加入する、任意の保険になります。一般的に自動車保険と呼ばれ、自賠責保険よりも高い基準ではありますが、保険会社によって基準が異なり、また非公開の為、分かりにくいという問題点があります。弁護士基準については、裁判所基準とも呼ばれ、東京三弁護士会の交通事故処理委員会が裁判所の考え方、過去の判例等を参考に公表している算定基準です。先述の2つに比べて常識的で、公正かつ客観的判断に基いており、最も高額の慰謝料になります。

この弁護士基準での慰謝料を導き出す為には、やはり弁護士の力が必要になりますので、交通事故被害による慰謝料の請求には弁護士への相談が賢明といえるでしょう。無理して自分で解決を図るよりも、最初から専門家に任せることが大事です。このことを理解しておくことが大切なポイントになります。


Comments are closed.